エレクトーレ

セレブ芸能人も使っている100万本突破の人気スキンケア

たった数秒で美白効果が出ると話題のエレクトーレ、有名セレブが愛用していることでも知られています。

 

 

新聞、雑誌、テレビなどのメディアにも何度も登場しているから、気になっていたいました。クレイ系は毛穴も締まるし、肌がふっくら仕上がるので、好きなアイテムでもあります。

 

 

その中でも、エレクトーレは100万本突破の売り上げを誇る、脅威のフェイストリートメントです。

 

 

使い方は簡単。まず洗顔が終わった少し水分の残った顔に、サクランボ大のエレクトーレをのばしていきます。

 

 

10秒待って、流しておしまい。

 

 

たったこれだけです。

 

 

天然鉱石を粉砕して、ミネラル分豊富なパウダーに加工し、マイナス電位をつけたものを、泥状にした、クレイパックです。

 

 

原料は奥美濃地方で採取された天然鉱石です。ミネラルとマイナス電位のパワーで、肌の奥深くまで浸透します。

 

 

肌の老化は、酸化していくことから始まっています。酸化した肌はプラス電位を帯び、老化していきます。

 

 

ミネラルオーレはマイナス電位の還元力で肌年齢を若返らせていきます。

 

エレクトーレ(ELECTORE)簡単10秒スキンケア!

天然ミネラルの威力は、素肌の引き締め、健康を保つだけでなく、保湿力が上がること。保湿不足の肌は、老化へ一直線。シミ、シワ、タルミ、ほうれい線などは、肌のはりツヤ、潤いが減ってきたときに悪化していきます。

 

 

そんなエレクトーレ、いまならお試し2週間トライアルセットがお得です。毎日洗顔の後に、ほんのワンモアステップ。これ一本で、そのあとの化粧水の浸透まで変わってきます。

 

 

成田空港の免税店でも話題の商品、プラザでも人気アイテムです。

 

 

こんな優れものアイテムも、ネットならトライアル商品が見つかるんですね。

 

 

エイジングケアアイテムは高額。アイテム数も多岐にわたるため、ケアそのものが億劫になりそう。でも何もしなければ、確実に乾燥は進み、肌のエイジングは止められません。

 

 

できるだけワンステップで確実にケアしたい。時間のない朝や疲れている夜でも、簡単で、効き目はきちんと実感したい。

 

 

そんな忙しいあなたにもぴったりのアイテムです。おすすめします。

 

肌がみずみずしく弾むような肌へ変化!肌水量もアップします。

年齢を重ねることで気になってきてしまうお肌の透明感のないクスんだ感じや、ハリ・ツヤ・・・。

 

 

もしあなたも今のスキンケアでエイジングケアに満足できていないなら、注目のミネラルコスメがあるんです!

 

 

その注目のミネラルコスメ、イチオシ推薦アイテムとして愛用している方がちょっと凄いんです^^

 

 

・歌手 美川憲一さん
・歌手 大黒摩季さん
・タレント 加藤紀子さん
・モデル 三浦りさ子さん

 

 

三浦りさ子さんにいたっては愛用歴6年というヘビーユーザー♪

 

 

この注目のお肌を若返らせるミネラルコスメの正体はというと・・・【エレクトーレ】^^

 

 

このミネラルコスメが注目したのは、お肌の酸化によって生じる電位差。

 

 

紫外線などで発生した活性酸素によってダメージをうけたお肌の電位はプラスに傾いてしまいます。

 

マイナスの電位が肌を弾むような健やかな状態にしてくれます。

このプラス電位はお肌の老化を促進し、気になるクスミやハリ・ツヤのなさにつながっていってしまいます。

 

 

そこでミネラルコスメ【エレクトーレ】は、豊富なミネラルを含む奥美濃地方の天然鉱石をパウダーに粉砕し、独自技術によって「-700mV」ものマイナス電位を帯びさせることに成功したいままでにないスキンケアなんです^^

 

 

この「-700mV」のマイナス電位は、活性酸素除去とお肌のアンチエイジングにもいいと注目されている水素水でもこれほどのマイナス電位はなかなか見受けられませんよね!

 

 

このマイナス電位を帯びた【エレクトーレ】がお肌の老化促進になるプラス電位を解消してくれるから、肌にのせた瞬間から違いを感じてしまうほどなんです^^

 

 

また、ミネラルコスメならではのタップリの天然ミネラルが、お肌をキュッと引き締めてくれる効果をもたらしてくれるだけでなく、お肌のうるおい力アップや透明感アップにも導いてくれちゃうんです♪

 

 

お肌のアンチエイジングを真剣に考え始めているなら、-700mVのマイナス電位&ミネラルという今までにない【エレクトーレ】は試してみる価値は大きいと思いますよ♪

 

>>エレクトーレお試しトライアルセットはコチラから<<